官庁公認探偵が盗聴器・盗撮器発見調査、インターネット上のいじめ・誹謗・中傷などに対抗する証拠を集めます。ネット上の不必要な誹謗中傷の記事の削除の手助けをします。探偵業法届出第23170004号

HOME > サービス案内

盗聴器・盗撮器発見調査

最近、こんな事、ありませんか?

  • 引っ越しをしてきた。
  • 自分しか知り得ないことを第三者が知っている。
  • 電話中やテレビを見ているときに雑音が入る。
  • 浮気や不倫を疑われている。
  • 複数の異性と交際しており、別れ話が浮上している。
  • 金銭や人間関係でトラブルを抱えている。

…など。 盗撮・盗聴被害に遭うのは若い女性ばかりではありません。

例えば、遺産相続で親族間でもめ事があった場合など、対象者は、男女問わずにターゲットにされることがあります。

盗聴器の被害を知らずに放置しておくと、ストーカーや、嫌がらせ行為にも広がっていきます。
被害を拡大させない為にも、小さな心配事でもお気軽にご相談ください。

料 金:

基本料金としまして、20平米メートルまで20,000円から。別途見積もり。 税別

ネット上のいじめ、誹謗中傷調査

嫌がらせがあると、まず最初に相談先と考えるのが警察だと思います。

しかし、警察は犯罪が起きてから動くものであり、嫌がらせを受けたというだけでは動いてくれず、警察は民事不介入を理由に、簡単には動けないのです。
「当事者同士で解決してください」と言われてしまいます。

実際に嫌がらせを受けているという証拠がなければ動けないのです。

不法行為が確認できていれば動いてくれますが、そのための証拠集めには協力してくれないのが現実です。

そこで、我々のような者が、刑事告訴や訴訟提訴ができるような証拠を収集する役割を果たします。

また、インターネット上の誹謗中傷の記事を削除する場合、サイトによっては、削除履歴が残ってしまったり、自分の公表したくない情報がインターネット上に公表されてしまう場合もあります。

まずは、専門家にご相談して下さい。

ネット上の記事削除:

ネット上の1記事あたりの削除費用2,500円から。別途見積もり。税別

投稿した人物特定:

ご希望の内容により異なります。要相談

その他

当社からの辞退:

当方の判断で、法律的に禁止されている、道義的に問題がある等と判断した内容には応じられません。

当社からの中止、終了、個別対応:

当方の判断で、サービス価格の範囲を超えた場合と判断した場合には、中止や終了、または、個別の対応(追加料金、弁護士紹介など)とさせていただく場合があります。

お願い:

  1. いじめ、ストーカー行為などに対して、あなたが、「どうしたいのか」をお知らせください。
  2. あなたが具体的に、いじめ、ストーカー行為などを受けている内容やサイト等をお知らせください。

▲TOPへ